ホームベーカリーでパン作り始めました。

 最近GOPANというホームベーカリーの機械をかってきて毎日のようにパンを焼いています。
できればタイマーで朝起きた直後くらいに焼き上がるようにセットしておきたい所ですが、気温が低くなるとうまく膨らまないようで、エアコンが動いている間に焼き上がるように夕方からつくり始めてます。

 うまく焼き上がったパン
c0108863_22261022.jpg


 使っている材料は以下の通り。

・国産の小麦粉(強力粉)
 いくつかの種類をとっかえひっかえ。

・砂糖
・塩

・イースト Or 「白神こだま酵母」
 イーストだと1斤あたり2.5g〜3gくらい使いますが「白神こだま酵母」だと4〜5
gくらい。使い方はイーストと同じです。メインで使っているのは「白神こだま酵母」

・水(水道水)とミネラルウォーター「Contrex」
 「Contrex」はカルシウムなどが多い硬水タイプのミネラルウォーター。これを使うと少しふっくら焼けるという事で地元のスーパーを探して買ってきました。なければ「海洋深層水」を使うつもりでした。(実際には「海洋深層水」が見つかりませんでした。 ^ ^;)

・無塩バター、牛乳、玉子等
 使ってみましたが無い方が好みだったため現在使ってません。

・レーズンなど
 綺麗に混ざらず底で焼き付いてから試してません。
他にキヌアも使ってみました。こちらはうまく焼けましたが入っててもわかりませんでした。






 参考にしているレシピ本は下記の通り。

・一番良く見ている本(といっても基本パンのレシピは覚えてしまいましたが)
「ホームベーカリーで白神こだま酵母パン」

・最初に参考にしたレシピ本
「どこにもないホームベーカリーレシピ」

・そのうちに材料を集めて作ってみたいパンのレシピ本
「ホームベーカリーでつくるシニフィアン シニフィエの高加水パン&ドイツパン」

・買ったはいいがあまり読んでない本。これもそのうち...
「少しのイーストでホームベーカリー(天然酵母コースでゆっくり発酵)」

 最近は失敗無しで焼き上げる事ができるようになってきました。
気温が低すぎる事と湿度が低いのが問題のようなので、始める前に沸騰したお湯をケースに入れて一度セットし、しばらく置いておき機械の温度を上げておくようにしています。ついでに湿度も上がりますし。

 粉の量はレシピの通り、水などの入れる順番は機械の取扱説明書の通り(塩、砂糖、水、イーストの順)にしています。
(粉と水の量は多少は多くても気にしませんが塩とイーストの量は正確に量っています)

by troute | 2012-12-25 22:28 | 日記