2018年 10月 04日 ( 1 )

CELESTRON PowerTank7 覚え書き

CELESTRON PowerTank7(セレストロン パワータンク7)

マニュアルが英語のため翻訳した物を記載。(Google翻訳使用)
なお、この機種はDC12V以外にUSB2ポートとライトとミニランプ(赤色キャップ付き)と車のスターター用の端子付き。上位のPowerTank17は電気容量が大きい上にラジオ付きなので防災ラジオとしても使える。
これで足りないようなら考えてみよう。

POWER TANK
WITH BUILT-IN SPOTLIGHT & FLASHLIGHTPLUS 5V USB OUTPUT

INSTRUCTION MANUAL
MODEL #18774

1.RECHARGE
IMPORTANT

+ Make sure that your battery charger is set to the proper volłtage setting before recharging. (FIG. 1 & 2)
(+再充電する前に、バッテリーチャージャーが適切な電圧設定になっていることを確認してください。 (図1および2))

+ Charge your Power Tank before using the first time.
(初めて使用する前にパワータンクを充電してください。)

+ Always make sure the switch is "OFF when not in use.
(使用していないときは必ずスイッチが「OFF」になっていることを確認してください。)


+ Never attempt to use the battery charger provided for other products. (Fig. 4 or 5).

(他の製品に付属のバッテリーチャージャーを絶対に使用しないでください。 (図4または図5)。)

+ If yellow LED light is on during operation, battery is weak and should be recharged. (FIG. 7)

(動作中に黄色のLEDランプが点灯している場合、バッテリは弱く、充電する必要があります。(図7))

+ It is not recommend to use continuously when yellow LED light is ON, do not use in this condition and recharge immediately

(黄色のLEDライトが点灯しているときは、継続して使用することはお勧めしません。この状態では使用せずにすぐに充電してください)


+ Do not exceed recommended charging times. Explosion hazard exists if you do not follow this instruction sheet.

(推奨充電時間を超えないでください。この指示書に従わないと、爆発の危険が存在します。)


+ Do not expose to extreme heat, flame, rain or moisture. (FIG. 3)

(極端な熱、炎、雨または湿気にさらさないでください。 (図3))


WARNING: Continuous use when the battery is low will damage the battery and may affect the ability to recharge your power tank.

(警告:バッテリの残量が少なくなると、バッテリが損傷し、パワータンクを充電する能力に影響する可能性があります。)



HOW TO RECHARGE

(再充電する方法)


AC RECHARGING

(ACリチャージング)


+ Select the suitable adapter plug for the AC adapter (FIG. 7). Make sure that the plug is completely locked in the adapter.

( ACアダプタに適したアダプタプラグを選択してください(図7)。プラグがアダプタに完全に固定されていることを確認します。)


+ Push the main switch to the 'CHA position (FIG. 6) and insert the small end of the proper AC adapter into the charge input jack located on the FRONT PANEL of Power Tank. (FIG. 8)

(メインスイッチを「CHA」の位置(図6)に押し、適切なACアダプタの小さい方の端をパワータンクのフロントパネルにある充電入力ジャックに差し込みます。 (図8))


+ Plug the charger into an appropriate electrical outlet.

(FIG. 1 to 5&9). The RED recharging light should come ystem ON" indicating the battery is recharging. (FIG. 8)

(充電器を適切な電源コンセントに差し込む

(図1~図5及び図9)。 RED再充電灯が点灯して、バッテリが再充電中であることを示す」(図8))


+ Charge the battery for 14 or 16 hours before initial use. After the initial charge, subsequent charges will only be -10hours (approx), If the unit is used too long aftersubsequent the yellow light comes on, recharging could take up to 20 hours.

(最初に使用する前に14または16時間バッテリーを充電してください。最初の充電後は、その後の充電はわずか約10時間になります。その後、黄色のランプが点灯してから長時間使用すると、充電に最大20時間かかります。)


DC RECHARGING

DCリチャージング


+ The DC recharging adapter is located in the compartment on the back side of the PowerTank

(DC充電アダプタは、PowerTankの背面のコンパートメントにあります。)


+ Push the power switch to the "CHA position (FIG. 6) and insert the provided DC recharging adapter into the charge input jack located on the front panel of PowerTank. (Fig. 8)

(電源スイッチを "CHA"位置(図6)に押し、付属のDC充電アダプタを正面の充電入力ジャックに差し込みますPowerTankのパネル(図8))


+ Insert the other end into the cigarette lighter and PANELrotate to receive a good electrical contact (Fig 10) The red light should come "ON indicating the battery is recharging (Fig. 8), Use DC 12V negative ground system only

(もう片方の端をシガレットライターに差し込み、PANELrotateで良好な電気接点を得ます(図10)赤色のライトが点灯して、バッテリーが充電中であることを示します(図8)。)


+ The PowerTank should be charged for 5 to 8 hours (The charging rate will be 14.5 volts to 15.5 volts) while driving before initial use. After the initial charge, subsequent charges will last only six hours (approx.).

(最初の使用前に、運転中にPowerTankを5〜8時間充電する必要があります(充電レートは14.5〜15.5ボルトになります)。最初の充電後、その後の料金はわずか6時間(約)になります。)


NOTE: Charging the battery while the car engine is not running is not recommended as it drains the car battery. Engine must be running and the charging system functioning properly in order to initiate a charge. The ideal charging rate is 14.5 volts to 15.5 volts, nearly identical to the charging system in most vehicles. If the unit is used too long after the yellow light comes ON, recharging can take up to 8 hours.

(注:車のエンジンが動作していない間にバッテリを充電することは、車のバッテリを放電させるため推奨されません。充電を開始するには、エンジンが動作していて、充電システムが正常に機能している必要があります。理想的な充電レートは14.5〜15.5ボルトで、ほとんどの車両の充電システムとほぼ同じです。黄色のランプが点灯してから長時間使用すると、再充電に最大8時間かかります。)


WARNING: Don't plug in the cigarette light plug and charge the unit without starting the engine. This may destroy your vehicle's battery Always recharge in an open area, otherwise explosive gas may generate during overcharging.

(警告:エンジンを始動させずに、シガレットライトプラグを差し込んだまま充電しないでください。これはあなたの車両のバッテリーを破壊する可能性があります常に空き領域で再充電してください。そうしないと過充電時に爆発性ガスが発生することがあります。)



2.STORAGE

(2.保管)


+ High Temperature above 40°C should be avoided.

( 40℃以上の高温は避けてください。)


+ It is important to store the PowerTank in a clean, cool and dry place. Radiant heat such as sunshine, heating units, radiators or steam pipes will shorten the life of the PowerTank.

(清潔で涼しく乾燥した場所にPowerTankを保管することが重要です。日射、暖房装置、ラジエーター、蒸気管などの放射熱は、PowerTankの寿命を短くします。)


+ For longest life, Power Tank should be fully charged before going into storage. The PowerTank stored at

10°C or lower should be recharged at least once per six months. The Power Tank stored at 10°C TO 27°C should be charged every 3 months and recharging should occur every 45 days in temperature from 27°C TO 40°C. The storage battery discharges automatically when the Power Tank is not used for a long time.

(+長寿命のために、貯蔵タンクに入れる前に、パワータンクを完全に充電する必要があります。 PowerTankは10℃以下は6ヶ月に1回以上充電する必要があります。 10℃〜27℃で保存されたパワータンクは3ヶ月ごとに充電し、27℃から40℃の温度で45日ごとに充電する必要があります。パワータンクを長時間使用しないと、蓄電池は自動的に放電します。)


+Make sure the PowerTank IS "OFF" before going into storage.

(ストレージに入る前に、PowerTankが「オフ」になっていることを確認してください。)



3.OPERATION

(3.操作)


POWER SUPPLY

(電源)


+ Make sure your devices match the PowerTank's rating FlasMight Switch DC 12V/10A. (Fig. 12)

(お使いのデバイスがPowerTankの定格FlasMight Switch DC 12V / 10Aと一致していることを確認してください。 (図12))


+ Uses the DC cord with car plug to connect your device F.1l F12 to DC 12V output receptacle.

(車のプラグ付きDCコードを使用して、デバイスF.1l F12をDC 12V出力コンセントに接続します。)


+ Switch 'ON the Power Tank before turning ON your F14 device. (Fig.11)

( F14デバイスの電源を入れる前に電源タンクをONにしてください。 (図11))


WARNING: 12V cigarette lighter socket current output must not exceed 10 AMP.

(警告:12Vシガレットライターソケットの電流出力は10 AMPを超えてはいけません。)


FLASHLIGHT

(フラッシュライト)


+ Switch "ON" the PowerTank. (FIG.11)

( PowerTankを "ON"にします。 (図11))


+ Press Flashlight "ON/OFP button ONCE to turn ON" F13 the light (Fig. 14)

(懐中電灯「ON / OFPボタンONCE」を押して「F13」を点灯(図14))


+ Press 'ON/OFF" button TWICE to turn on "FLASHING function.

(「ON / OFF」ボタンを2回押して「点滅」をオンにします。)

POWERFUL SPOTLIGHT

(強力なスポットライト)


+ Adjust the spotlight head to desired direction. (FIG.13)

(スポットライトヘッドを希望の方向に調整します。 (図13))


+ Switch ON the PowerTank. (FIG.11)

( PowerTankをオンにします。 (図11))


+ Switch ON the spotlight. (FIG.14)

(スポットライトをオンにします。 (図14))


WARNING: Do not use to jumpstart a vehicle. This will result in short circuit or sircuit breaker cut off.

(警告:車両の急発進には使用しないでください。これにより短絡回路またはサーキットブレーカが遮断されます。)


CIRCUIT BREAKER

(サーキットブレイカー)


+Your power tank built-in circuit breaker ensures a safe operation. If DC 12V output over 10 AMP, the circuit breaker will cut off the power.

(あなたのパワータンク内蔵の回路ブレーカは、安全な操作を保証します。 DC12Vが10 AMP以上で出力されると、回路ブレーカは電力を遮断します。)


+ Press button again to tun 'OFF the flashlight

(もう一度ボタンを押すと、懐中電灯がOFFになります)


+ Light diffuser enclosed for emergency purposes.

(ライトディフューザーは緊急用に密閉されています。)


HOW TO RESET THE CIRCUIT BREAKER

(サーキットブレイカーをリセットする方法)


+ Tum "OFF the PowerTank

(Tum "PowerTankをオフにする)


+Press the CIRCUIT BREAKER Button to reset (Fig. 15)

(CIRCUIT BREAKERボタンを押してリセットします(図15))


WARNING: Do not recharge when resetting the circuit breaker.

(警告:回路ブレーカをリセットするときに再充電しないでください。)



4. REPLACEMENT

(4.置換)


FLASHLIGHT BULB

(フラッシュライトBULB)


THE FLASHLIGHT USES A 48V 05A KRYPTON BULB.

(フラッシュライトは48V 05A KRYPTON BULBを使用します。)


+ Turn "OFF the Power Tank and flashlight.

(パワータンクと懐中電灯をOFFにします。)


+ Make sure the light is cooled down before replacing the bulb.

(バルブを交換する前に、ライトが冷却されていることを確認してください。)


+ Remove the light head by turning it counter clockwise (Fig. 16)

(ライトヘッドを反時計回りに回して取り外します(図16))


+ Replace with a new Krypton bulb. (Fig. 17)

(新しいクリプトン球で置き換えてください。 (図17))


+ Reassemble the light head.

(光ヘッドを再構成する。)


WARNING: The glass, reflector cup and the bulb is extremely hot when operating. Do not touch!.

(警告:ガラス、リフレクタカップ、電球は非常に高温です。)


OUTPUT JACK

(出力ジャック)


+ Built-in 5V USB output jacks (output exceeding tnot evceedtingfthe 1.5 Amps) (Fig. 18)

(5VのUSB出力ジャックを内蔵しています(1.5アンペアを超える出力はありません)(図18))


+ Safety Fuse to protect the current of the above jack,not overload.(Fig. 19)

(安全ヒューズは、過負荷ではなく、上記ジャックの電流を保護します(図19))



TROUBLE SHOOTING

(トラブルシューティング)


+ If the 5V is overloaded the fuse will break. Turn "OFF the Power Tank. Open the fuse cap (Fig. 19) and replace a new 2 Amp Fuse.

(5Vに過負荷がかかると、ヒューズが切断されます。パワータンクの電源を切ってください。ヒューズキャップ(図19)を開き、新しい2アンペアヒューズを交換してください。)




5. TO REMOVE BATTERY FOR DISPOSAL

(5.廃棄のためのバッテリの取り外し)


This rechargeable power tank is powered by a sealed lead-acid battery, one PC (12V 7 Ah/20 HR).

(この充電式電源タンクは、密閉式鉛蓄電池(1個のPC(12V 7 Ah / 20 HR))によって駆動されます。)


+ Make sure the PowerTank is in the 'OFF" position before removing battery. (Fig. 20)

(バッテリーを取り外す前にPowerTankがオフの位置にあることを確認してください(図20))


+ Make sure the PowerTank is disconnected from charger, which must be OFF from the electric supply. (Fig. 22)

(PowerTankが充電器から切り離されていることを確認します。これは電源からOFFにする必要があります。 (図22))


+ Remove the flashlight's light head by turning counter clockwise and remove the bulb.

(懐中電灯のライトヘッドを反時計回りに回して取り外し、電球を取り外します。)


+ Remove the spotlight by loose the screw

(ネジを緩めてスポットライトを取り外します)


+ Face the Power Tank down and open into 2 halves by unscrewing screws counter clockwise. (Fig.21)

(パワータンクを下にして、スクリューを反時計回りに回して2つの半分に開きます。 (図21))


+Cut wires to remove battery.

(バッテリーを取り外すためにワイヤーを切断してください。)



6. TROUBLESHOOTING

(6.トラブルシューティング)


PROBLEM 1.

(問題1)


No LED indicator (low or charge) when switch in "on" position

("オン"の位置にスイッチするとLEDインジケータが点灯しない(充電または充電中))


POSSIBLE

(可能)


Circuit breaker breaks the circuit

(回路ブレーカが回路を破壊する)


SOLUTION

(解決法)


Reset the circuit breaker according to the instruction

(指示に従って回路ブレーカをリセットしてください)


PROBLEM 2.

(問題2)


No LED indicator (full or charge) when recharging

(再充電時にLEDインジケータ(フルまたは充電)なし)


POSSIBLE

(可能)


Circuit breaker breaks the circuit

(指示に従って回路ブレーカをリセットしてください)

SOLUTION

(解決法)


Reset the circuit breaker according to the instruction

(指示に従って回路ブレーカをリセットしてください)


PROBLEM 3.

(問題3)


DC-output doesn't work when switch in 'on" position

('オン'の位置にスイッチするとDC出力が機能しない)


POSSIBLE

(可能)


Circuit breaker breaks the circuit

(指示に従って回路ブレーカをリセットしてください)

SOLUTION

(解決法)


Reset the circuit breaker according to the instruction

(指示に従って回路ブレーカをリセットしてください)


WARNING: DC 12V output socket current output, do not exceed 10 AMP

(警告:DC 12V出力ソケット電流出力、10Aを超えないでください。)



7. STARTING AID FOR MOTOR VEHICLES

(7.自動車用始動支援装置)


+ The jumper cable terminals are located at the back of the Power Tanks (Fig 23)

(ジャンパーケーブル端子は、パワータンクの背面にあります(図23))


+ Use the Power Tank as a source of a starting aid only when the vehicle battery is partially discharged.

(車両のバッテリーが部分的に放電されている場合にのみ、始動補助の電源としてパワータンクを使用してください。)


+ The Power Tank is not suitable for starting a vehicle with a fully discharged battery!

(パワータンクは、完全に放電されたバッテリーで始動するのには適していません!)


+ Use only jumper cables of sufficient size (cross section)

(十分なサイズのジャンパーケーブルのみを使用してください(断面図))



HOW TO USE THE POWERTANK TO START A VEHICLE

(ファームウェアを使用して車両を始動する方法)


+ The ON/OFF switch can be set to ON or "OFF position for the starting aid function.

(ON / OFFスイッチは、始動補助機能のONまたはOFFの位置に設定することができます。)


+ Connect the POSITIVE pole (+) of the Power Tank to the POSITIVE pole (+)of the vehicle battery.

(パワータンクのプラス極(+)を車両バッテリのプラス極(+)に接続します。)


+ Connect the NEGATIVE pole (-) of the PowerTank to the NEGATIVE pole (-) of the vehicle battery.

( PowerTankのNEGATIVE極( - )を車両バッテリのNEGATIVE極( - )に接続します。)


+ Leave the PowerTank connected to the vehicle battery for around 20 minutes.

(+ PowerTankを車のバッテリーに接続したまま約20分間放置する。)


+ After approximately 20 minutes, disconnect the jumper cable from the NEGATIVE pole (-) of the vehicle battery.

(約20分後、ジャンパーケーブルを車両バッテリーの負極( - )から切り離します。)


+ Then disconnect the jumper cable from the POSITIVE pole (+) of the vehicle battery.

(その後、ジャンパーケーブルを車両バッテリーのプラス極(+)から切り離します。)


+ This partial charge should be sufficient to start the vehicle

(この部分料金は、車両を始動させるのに十分なものでなければなりません)


+The PowerTank needs to be recharged after using as a starting aid.

(始動補助として使用した後、PowerTankを再充電する必要があります。)



WARNING:The Fuse and Switch is no function on the connect (+) (-) pole, current flows directly from the battery, Once the Jumper cables are connected, NEVER allow the cables to touch together or be left on the same metal surface, this will result in short circuit and may start a fire. NEVER ATTEMPT TO START THE VEHICLE WITH THE POWER TANK CONNECTED

(警告:ヒューズとスイッチは、接続(+)( - )極には機能せず、バッテリから直接電流が流れます。ジャンパケーブルが接続されたら、ケーブル同士を接触させたり、短絡が発生し、火災が発生する可能性があります。電源タンクを接続して車両を始動させないでください)
















by troute | 2018-10-04 22:59 | 日記